• 2011/04/03 一粒万倍日:Practice 1
    3 votes, average: 1.00 out of 1 3

    『互いの気持ちを告白し、確認する』
    俺と猊下はそんな第一ステップをなんとかクリアし、次へと進み出した。

  • 2011/04/22 一粒万倍日:Practice 4
    3 votes, average: 1.00 out of 1 3

    「便利だと思うんですけどね……俺たちにとっては」
    俺の魂胆を見切ったように、猊下はすぅっと瞳を細めてうっすら笑った。
    「君、どのくらい知ってるの?」

  • 2011/05/06 一粒万倍日:Senior examination
    2 votes, average: 1.00 out of 1 2

    頷く彼を浴室に案内し、俺のキス、汗、精……何もかも一つ残らず洗い落とす。
    (いいんだ、体に残らなくても。ムラタァの心にだけ残ればいい)