• 2014/04/03 1:そもそも、どうして僕なんだ?!
    これ好き!! 3

    ちょっと想像して欲しいんだ。
    夕食を買い込んで自宅に帰ると、ベランダにネグリジェ姿の大男──翼付き──が立ってたら。
    ……君ならどうする?

  • 2014/04/23 3:男か、女か
    これ好き!! 1

    「それでは私は男なんですね」
    「そっ」
    「女の方が良かったのに」
    「なんで?」
    「だって、私が天使だったからキスしたんでしょ? ムラタァは云ったじゃないですか。男とキスはしないって。あんなに素敵だったのにもう二度と味わえないなんて」

  • 2014/05/06 4:どうする、黙ってる?
    これ好き!! 2

    そんなこんなで夏のある日、いつものように待ち合わせ場所にやってきた渋谷はやたらと耳辺りを気にしていた。高校時代に伸ばしていた髪は大学に入るとまた短くしていたので、髪が耳にかかってウザいという風には見えない。