昨日も♥をありがとうございます。

■お題は「『鈍感なふりで逃がしてあげる』ムラタァ」です。

テーブルが空くのを待って言った。「一勝負お手合わせを」
「ムラタァさん……どうぞ」
彼はコマを動かすものの、いつもと違って凡庸な手ばかりの上に注意散漫。そのうちやってきた娘を見て満面の笑顔。
(なるほど)僕が負けを宣言すると彼は弾けるように席を立って娘の元へ。若いっていいな。

気に入ったら↓のハートをクリックしてね
これ好き!! これ好き 1
読み込み中...