「グリ江ちゃんの項って綺麗だよね?」
「あらやだ猊下ったら、褒めても何にも出ないわよ?」
「別に構わないよ。ただ綺麗だなーって思ったから言ってみただけだし」
「いやーん!猊下のすけべぇ!」
「項の綺麗な女性って色気があっていいよね」
「やだもう誘ってるの猊下ったら!まだこんな真昼間よん?」
「時間なんて関係ないさ」
「あらん…本気にするわよ?」
「望むところってね…」
「あ…猊下…」
「グリ江ちゃん…」

「はいストーップ!!そこまでー!!」

「あん、坊ちゃんたらいいところなのにぃ」
「そうだよ渋谷。これからって時に邪魔しないでよ?」
「するわっぼけ!おまえらここを何処だと思ってるんだよ!?」
「何処って、執務室?」
「そうだよここは執務室です!思い切り衆人環視の中で堂々とおっぱじめるんじゃなーい!!」
「きゃ!やだあ陛下ったらおっぱじめるなんて?」
「いやあ渋谷も言うようになったもんだねえ」
「ばっ!だ、誰が言わせてんだよ!?あーもうおまえらはどっかいけ!人目がないとこへ消えてくれえ!なんでいつもいつもここでいちゃいちゃしようとするんですか?」
「いやあそこにグリ江ちゃんがいるから、つい」
「ついじゃねえ!!」
「んふ、アタシが魅力的なのがいけないのねえ」
「キミは何時だって魅力満載だよ、グリ江ちゃん」
「だあああ!!だからここで口説くなよ村田!頼むから出てってくれー!」
「あらん陛下ったらご・う・い・ん!」
「違う!違うからグリ江ちゃん!」
「渋谷。いくらきみでもグリ江ちゃんは渡せないから」
「いやいやいやいらないから、おれグリ江ちゃんはいらないから!!真顔で迫らないでください村田さん!」
「ええー冷たい?グリ江、傷ついちゃう…ぐすん」
「ああ!渋谷きみグリ江ちゃんを泣かせるなんてなんてことを!酷いじゃないか!」
「え、あの、そのごめん!そういうつもりじゃなくて、グリ江ちゃんはえっと村田の彼女だろ!?だからそういう意味であって」
「やだあ!坊ちゃんたらそんなにはっきり恥ずかしいわ!」
「いってー!!背中、いまバチって言ったバチって!」
「あらごめんなさい、嬉しくて加減間違えちゃった」
「いいんじゃない。記念になるよ、きっと」
「なんの記念だよ!?」

「僕達の仲が魔王陛下公認になった記念」
「きゃー陛下ありがとうございますぅ!」
「………」

遠ざかっていくバカップルの背中を見つめながら、ユーリ陛下は今日も涙に暮れたのでした。
「陛下、背中に膏薬はりましょうか?」
「陛下ってゆーな名付け親。頼む・・・」
「ユーリ、ほら泣かないで」
「うう、コンラッドぉ」
「ユーリ…」

「渋谷って自分達のことには気づかないんだよねえ」
「ほんとに、どうしてでしょうねえ」

いつも見せ付けられてるのはこっちだってば。

仲良く腕を組んで廊下を歩きながら、猊下とお庭番はそろって首を傾げたのでした。

みんな、他人の背中はよく見える

気に入ったら↓のハートをクリックしてね
1つ星 1
読み込み中...